絶対に綺麗になる洗顔方法と洗顔選びの基準とおすすめ

洗顔

あなたの普段行っている洗顔は本当に正しいですか?自分にあった洗顔料は選べていますか?
今日はあなたが「正しい洗顔方法」「自分にあった洗顔料」これらが分かるようにしっかり説明していきたいと思います。

特に洗顔選ぶ時にこの記事を見てもらえれば役に立つはずです。

洗顔の役割と落とすもの

顔の肌の汚れは、普段生活している環境でさらされるタバコの煙や空気中のほこり、車などの排気ガスが顔に付着して、さらにそれらが肌に残ったメイクや皮脂や汗、古い角質と混ざり合うことが原因です。

さらにこれらをそのままにしてしまうと雑菌が繁殖してしまったり、皮脂が酸化することで肌に悪影響な過酸化脂質が出来てしまい美肌とは言えない肌になってしまうでしょう。


「私はクレンジングをしっかりしているから大丈夫!」という人もいると思います。
永久保存版!本当に正しいクレンジング方法と選び方&種類ごとの解説
こちらの記事でお伝えした通り、クレンジングはメイクアップ料など油性の汚れを落とすことに向いています。

一方で水性の汚れを落とすことに向いているのが洗顔料です。つまりメイクをした日には顔の汚れをすべて落とすにはクレンジングと洗顔の二つ工程が必要になるのです。この二つをきちんとしておけばメイクをした日でも肌はちゃんと綺麗になります。

ここで「じゃあ外に出たわけでもないのになんで朝に洗顔するの?」と疑問をもったあなたは鋭いです。
確かに家で寝ていただけでは排気ガスなどでは肌は汚れません。しかし寝ている間にも汗や皮脂は分泌されますし、家にいても空気中のほこりは意外と多いので朝でも顔は汚れているんです。

朝の洗顔の目的
・寝ている時にでた汗や皮脂、付着したほこりなどを落とす。

夜の洗顔の目的
・汗や皮脂、ほこりなどの汚れを落とす。
・垢となった古い角質、余分な油分を落とす。
・肌に残ったクレンジング料などを落とす。

洗顔料選びの基準って何?

洗顔料って色々なメーカーがたくさんの種類の商品を出しているので何を基準に選んでいいか迷ってしまいますよね。特に最近はしっとり洗顔や美白洗顔などの汚れを落とすという性質以外に付加価値をつけている商品もたくさんあります。


こういった商品に手を出したことのある人も多くいらっしゃると思いますが、あくまで洗顔の目的は肌の汚れを落とすことにあります。洗顔料は最後に洗い流すので、保湿や美白などの有効成分が配合されていたとしても流れてしまい高い効果は期待できません。汚れを落とすことに重きを置きましょう。

ここで洗顔料の形状別の特徴とオススメのタイプを紹介したいと思います。


洗顔フォーム使用感や泡立ちが良くカンタンに泡立つ。
泡タイプ出てくるときに空気と混ざって泡になるタイプ。便利です。
固形石鹸余分な油を含まないものも多い。使用後にツッパリ感が出やすい。
泡立たないタイプしっとりはするが、洗浄力が弱く、汚れがおちにくい。
洗顔パウダー洗浄力が低いものから高いものまでさまざま。酵素の配合が可能。

上から順に説明していきます。

まず洗顔フォームはクリーム状やペースト状で一番オーソドックスな洗顔料ですね。泡立てるのも簡単で使用感、泡立ちともにgoodです。アルカリ性から弱酸性まであるので目的によって選ぶことができます。しっとりタイプと表記のある多くのものは油分が4割ほど含まれていて、洗った後の肌に油膜を残してしっとり感をだしています。

泡タイプの内容物は液体で、出す時に空気と混ざり合うことで泡になります。泡立てる手間が省けるので便利ですが、強い界面活性剤を含んでいるものもあるので注意して選ぶ必要があります。
泡が濃密なものには発泡剤が多く含まれている可能性があります。

固形石鹸は使用後にツッパリ感がでやすいものの、枠練りと呼ばれる透明や半透明なタイプのものなら、機械練りと呼ばれる不透明なタイプよりしっとりとした洗い上がりになりやすいです。また固形石鹸は余分な油も含まないものが多いのです。

泡立たないタイプのものは洗浄力が弱い傾向にあり、十分に汚れを落とせないこともあります。
本当に肌荒れなどがひどい場合以外オススメはしません。アルカリ性から弱酸性のものまでありますがアルカリ性のものの方が洗浄力が強く、弱酸性のものの方が弱いです。

洗顔パウダーのものは洗浄力の強いものから弱いものまでさまざまですが、水に溶かすとだんだんと効果のなくなってしまう(活性がさがってしまう)酵素を配合することができます。

しっとりタイプの洗顔には洗った後に肌に油膜を作り、しっとり感を出しているものもあります。しかし油膜が肌にはってしまうと洗顔後の化粧水など化粧品の浸透を妨げることになってしまうこともあります。

シンプルな固形石鹸は余分な油分が含まれていないものも多いのでオススメです。また酵素洗顔をたまに使うのもオススメです。

洗顔の正しい方法

間違った洗顔方法は肌の負担になってしまうものです。正しい洗顔ができている人は一部だけで多くの人は間違った洗顔を行っています。これから紹介する正しい洗顔方法をマスターして美肌になりましょう。

STEP1 ぬるま湯で顔をぬらす
しっかり手を洗って雑菌を落とし、顔全体をぬるま湯で軽く洗うつもりでぬらしましょう。

STEP2 洗顔料をよく泡立てましょう
洗顔料を適量、手に取って水を加えながら、空気が混ざるように泡立ててください。面倒ですが肌を傷つけないために重要です。泡立てネットを使うときは水が不足しないように気を付けて下さい。洗浄濃度が高いまま肌に触れることになってしまいます。

STEP3 まずはTゾーンから
Tゾーンは皮脂の分泌が多いです。額から鼻にかけて、優しくクルクルと円を描くように洗ってください。小鼻も忘れずに!

STEP4 お次はUゾーン
つぎに頬から顎にかけてのUゾーンに泡をのせてTゾーンと同じように優しく洗います。最後に皮膚の弱い、目元と口元に泡をのせ軽くなじませるように洗います。

STEP5 ぬるま湯で洗い残しが無いよう丁寧に
人肌に近い温度のぬるま湯で丁寧にあらいながしてください。生え際や耳周りは泡が残りやすいのでしっかり洗い流しましょう。

以上が正しい洗顔方法です。しっかりマスターしましょう。

最後にいくつか洗顔のNGポイントを紹介します。

泡立てが足りない
しっかり泡立てないと洗顔料の濃度が高くなりすぎてしまうだけでなく摩擦によって肌へのダメージの原因にもなります。

汚れを落とそうと擦ってしまう
洗顔は摩擦力で汚れを落とすのではなく、泡で汚れを落とすものなのでこする必要はありません。
ゴシゴシこすってしまうと肌を傷つけてしまいます。

すすぎが足りない
すすぎ不足で生え際などに泡が残ってしまうと肌への刺激になってしまいます。

時間が長い
汚れをしっかり落とそうと時間をかけてしまう人もいますがこれはNG。洗浄剤なので肌に負担がかかります。

最後に冷水
よく洗顔の最後に冷たい水で毛穴を閉めるというのを目にしますが間違い。一時的な効果は得られるかもしれませんが30分ほどでしょう。また肌の急速な温度変化は赤ら顔の原因になります。


洗顔は汚れを落とすうえで重要なスキンケアです。理解を深めて美肌を目指しましょう。
                          You will be 「美肌」by BeHADA


コメント

タイトルとURLをコピーしました