ローションは水!?ローションの役割とおすすめの成分

ローション

あなたはローションの役割を保湿だと思っていませんか?正直に言って違います。
この記事を読んでローションの正体を確認してください。

ちなみにこの記事でのローションとは一般的に化粧水と呼ばれる柔軟化粧水のこと指しています。

ローションの意外な役割とは?

ローションの役割と聞くと大抵の人が答えるのが「保湿」です。これだと半分正解といったところでしょう。たしかに化粧水をつけると一時的に肌が潤います。
しかしローションといってもその成分の8割~9割は精製水つまり「水」です。そうやって見ると高いですよね。残りの1割~2割には防腐剤、保湿成分、有効成分などが含まれています。ほとんど水であるローションは肌につけてもそのまま肌での水分として維持されることはありません。ちなみにローションをつけた後に乳液でフタをしても高い保湿効果はえられません。

じゃあどうやって保湿すると高い効果が得られるのか?
カサカサ肌に潤いを!正しい保湿方法とセラミド化粧品の選び方
こちらの記事で紹介しているので、正しい保湿を知りたい方はどうぞ。

話をローションの役割に戻しましょう。ローションの役割は保湿とは言えないことがわかりましたね。
では何のためにローションをつけるのか。実は清涼感を得られるとか、気持ちいいからとかそんなレベルです。ですがあえて言うなら「肌を整える」です。

ローションには角質を柔らかくしたり、次につける美容液や乳液などを浸透しやすくしたりします。なので有効成分が配合されている美容液や乳液などをつけないのなら ローションは必要不可欠といったわけではないのです。

ローションはどんなものを選ぶべきか

ローションは必要不可欠ではないということをお話ししましたが、別に害があるものでもありません。
肌を整えるという役割なので、あとは自分の好きなものを選んでいいと思います。

ただローションにも肌にいい効果を求めたいという方もいらっしゃると思います。最近ではさまざまな美容成分が配合されたローションも売られていますし、そういった成分は肌を綺麗にしてくれる効果をもっています。自分の求める効果がある成分が配合されているものを選びましょう。

いくつかオススメの成分を紹介したいと思います。といってもお話しした通り、ローションの主成分は水なので水溶性の成分は限られてきます。それでも紹介したいほどおすすめの成分があるんです。

ビタミンC誘導体圧倒的おすすめ。シミ、ニキビ、毛穴、シワなどすべてに対応しています。
抗酸化成分抗酸化成分はオウゴンエキスやハトムギエキスなど植物エキスが使われます。
保湿成分ヒアルロン酸やコラーゲンなど。しかし配合量は少ないです。

圧倒的にオススメなのはビタミンC誘導体です。ビタミンCというのは、とても酸化しやすく不安定な性質で化粧品としては扱いにくく、そのままでは配合できません。そこで開発されたのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体はビタミンCにリン酸や糖などをくっつけて安定させ化粧品にも配合しやすくしたものです。

分かりにくいかもしれませんが、イメージとしてはおうちにある、お醤油がものすごく酸化しやすくて味も変わりやすかったら使いづらいですよね?それを酸化しづらくした。そんなものだと思ってもらったら大丈夫です。

さてそんなオススメのビタミンC誘導体は何がすごいのか見ていきましょう。ビタミンC誘導体は美白、抗酸化作用、コラーゲンの生成の促進、皮脂の抑制によるニキビの抑制など様々な効果をもっています。おすすめする理由が分かりますよね。

現在、ビタミンC誘導体はさまざまなものが開発されていますがその中でもおすすめなのが進化型ビタミンC誘導体と言われる「APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸 3Na)」です。今のところビタミンC誘導体の中で最も効果が期待できるといえます。肌への浸透性が高く、真皮にまで届きます。

本当に美肌を目指すならビタミンC誘導体を配合した化粧品は使っておきたいです。ローションにも配合されているので使ってみてください。

ただビタミンC誘導体は高価なものなのでオウゴンエキスやハトムギエキスなどの植物エキスが使われている抗酸化成分や【タイプ別】保湿成分の種類を解説!正しい保湿化粧品の選び方でも紹介している各種保湿成分が配合されているものを使ってもいいと思います。

化粧水の正しいつけ方

皆さんはローションどうやってつけていますか?いろいろなつけ方がありますが肌への負担が少なく、無駄の少ない方法を紹介します。といっても変わったことはないので確認を兼ねて見てください。

STEP1 ローションを適量、手に取る
ローションを適量、手に取ります。適量は使用する商品によって異なりますので説明をよく読んで参考にしてください。たっぷりつけたいという人もいますが、ほとんど蒸発しますので無駄が増えるだけとなってしまいます。

STEP2 顔全体になじませる
手のひらで顔全体になじませます。最後に乾燥しやすい目元、フェイスラインに手のひらで軽く押さえつけるようになじませましょう。手のひらで叩くようにつけるのはやめましょう。

ローションのつけ方はこの2ステップのみです。 簡単ですね。

コットンを使ってローションをつけているという方もいると思います。コットンを使うと力加減が難しかったりと肌の負担につながるポイントが多いのでオススメはしないです。
コットンを使うときに力が強くなってしまうと肌に小さなキズが出来てしまう可能性もあります。
そうなると肌の乾燥、老化につながってしまいます。

なるべく手でつけるようにしてください。


ローションは保湿の為に行うわけではないので、使用感や成分で選ぶといいと思います。
また正しいつけ方で肌への負担はなくしましょう。 

                            You will be 「美肌」by BeHADA


コメント

タイトルとURLをコピーしました