絶対必須!美容液の役割とその効果とは?おすすめの成分や正しいつけ方

スキンケア

「美容液って化粧水とはどう違うの?」こんな事を思っている方もいらっしゃるでしょう。
正直言って全然別物です。値段も全然違います。

今まで美容液を使ってこなかった、または美容液をなんとなくブランドや名前で選んでいる方。
自分の肌、化粧品にほんとに納得してますか?

今日はあなたが納得のできる選択をサポートするために美容液について知っておいて欲しいことを紹介します。

美容液の定義とは?

美容液の特徴は、化粧水とは違い美白成分や保湿成分などの有効成分が高い割合で配合されていることです。つまり美肌に必要な栄養や成分を肌へ補給することができるのです。
綺麗な肌を目指す人のスキンケアには絶対に欠かせないものです

美容液は有効成分の配合割合が高く、密度が濃いため、その分サイズは小さくなっていることが多いです。

さてそんな美容液の定義ですが明確な基準はありません。各メーカーがそれぞれが思う美容液を売っています。その形状にも定義はなく、ジェル状やクリームっぽいもの化粧水のようにさらさらとしたものと色々なものがあります。

美容液を選ぶポイント

色々なタイプがある美容液ですが、どんなものを選ぶのがいいのでしょう。
まずは、やっぱり成分を見て選ぶのが大事です。美容液には美白成分や保湿成分、アンチエイジング成分など色々な成分が配合されているものがあります。

自分の肌悩みにあった成分が配合されているものを選ぶようにしてください。当サイトでも成分表示を見て、あなた自身が判断できるようサポートしていきたいと思っています。

いくつか代表的な美容液の種類を挙げてみたいと思います。

保湿美容液
保湿を目的とした美容液で、特に肌の乾燥で悩んでいる方におすすめです。保湿成分にも種類がたくさんありますが特にセラミドは保湿力に優れているのでおすすめです。セラミドは基本的に水には溶けづらい成分なのでローション、化粧水には配合しにくいものです。その点、美容液はある程度の油分を含んでいるのでセラミドを配合しやすくなっています。

ただセラミドにもいくつか種類があるので注意が必要です。自分にあったセラミドを選ぶようにしましょう。

保湿成分の種類を知りたい方は「【タイプ別】保湿成分の種類を解説!正しい保湿化粧品の選び方」をセラミドの種類を知りたい方は「カサカサ肌に潤いを!正しい保湿方法とセラミド化粧品の選び方」を見てください。(伝えたいことが多すぎてリンクが増えてしまい申し訳ないです。)


美容液で保湿をするのであれば化粧水、ローションは不要と言っていいでしょう。保湿美容液と化粧水では圧倒的に保湿美容液の方が保湿力が高いです。その分、値段も高価になるので保湿美容液を買うのであれば化粧水は買わなくていいと思います。

美白美容液
美肌と聞くと想像するのは「白くてきれいな肌」ですが、そんな白い肌になるうえで欠かせないのが美白成分です。もちろん日常的なUVケアなども美白には重要ですが、合わせて美白美容液を使えば高い効果が期待できます。

美白成分にはビタミンC誘導体やアルブチン、プラセンタエキス、カモミールエキスなどがあげられます。特におすすめなのがビタミンC誘導体です。 ビタミンC誘導体は美白、抗酸化作用、コラーゲンの生成の促進、皮脂の抑制によるニキビの抑制など様々な効果をもっています。

その中でも進化型ビタミンC誘導体といわれるビタミンC誘導体で「APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸 3Na)」は肌への浸透力が他のビタミンC誘導体に比べてとても高く、真皮にも浸透してくれる、さまざまなメーカーが注目している成分です。

成分によって美白のメカニズムも違うので自分に合ったものを選びましょう。そのためにも肌や化粧品について勉強しましょうね。

アンチエイエイジング美容液
アンチエイエイジング成分の主な役割は、有効成分が真皮にある線維芽細胞に働きかけて、肌のハリや弾力を生み出すというものや活性酸素を除去するものがあります。

代表的な成分として、ポリフェノールやレチノール、フラーレンなどがあります。

アンチエイジング成分は抗シワ成分といえるでしょう。シワの種類によっても成分が変わってきます。


こういった成分が配合されている美容液の中から自分の悩みや肌にあったもの選ぶようにするのがいいです。ただ一つの美容液ですべての悩みに対応するのは難しいので、目的別に用意するのがいいと思います。

美容液の正しいつけ方

美容液は他の化粧品と比べても高価なものなので無駄なく、高い効果が得られるように正しいつけ方を覚えましょう。
また複数の美容液を使うときは、水っぽいほうからつけるようにしましょう。

STEP1 美容液を適量、手に取る
説明書をよく読んで適量を手に取りましょう。他の化粧品にも言えることですが説明書の量は守るようにすると無駄なく、高い効果が得られますよ。
ただ保湿美容液なら自分のお肌の乾燥具合と相談して、量を調節してもいいかもしれませんね。

STEP2 手のひらで押さえつけるように
両手に美容液を広げ、叩かずに押さえつけるようにゆっくりと肌になじませていきます。頬からおでこ、そして顔全体へ。目元や小鼻など忘れがちな部分にもしっかりと馴染ませてください。

STEP3 軽くマッサージ
顔全体につけた美容液が浸透しやすいように、おでこ、眉上、目の下、鼻、小鼻、頬、口周りをゆっくりと優しく丁寧にマッサージを行うとより高い効果が得られます。
敏感肌の人は省略してもいいです。

STEP4 最後にもう一度なじませる
もう一度、目の周りやフェイスラインを手で押さえるように馴染ませましょう。

この一連の流れが正しい美容液のつけ方です。
この方法をとっていれば間違いはないのですが特にやってはいけないNGポイントをいくつか挙げていきます。

顔の一部にしか塗らない
美容液が高価でもったいないからと言って、悩みのある部分にしか塗らないのは間違いです。効果が十分に発揮できず逆にもったいない使い方になってしまいます。
美容液は予防としての使い方がある場合があるので部分的に塗ってしまうのはもったいないです。

油分の多いタイプの美容液に注意!
もちろん美容液は顔全体に使ったほうがいいのですが、オイリー肌の人が油分の多い美容液を使う場合は注意が必要です。特にTゾーンは皮脂の分泌が多いので、ニキビなどができないように塗りすぎには気をつけましょう。ビタミンC誘導体は皮脂の分泌をコントロールしてくれるのでオイリー肌の人にもおすすめです。

2種類以上の美容液を使うときは順番に気を付けて
美容液では目的別で使い分けることをおすすめしていますが、その時は注意が必要です。2つ以上の美容液を使う時は水っぽいものから塗るようにしましょう。油分の多いものを先に使ってしまうと油膜ができて水分の多いものが浸透しづらくなってしまいます。効果を高めるためにも順番には気を付けてください。


美容液は有効成分の濃度が高いため美肌への近道といってもいいほど重要なんです。美容液は各メーカーの最新研究が成分として反映されるので「メーカーの顔」といってもいいかもしれません。
最先端の美容成分が詰まった美容液は高い効果が期待できます。スキンケアには絶対取り入れましょう。
                
                         You will be 「美肌」by BeHADA


コメント

タイトルとURLをコピーしました