永久保存版!本当に正しいクレンジング方法と選び方&種類ごとの解説

クレンジング

クレンジングって他のスキンケアに比べて、なんだか難しい印象がありますよね?
今日はクレンジングの役割や種類による違い、選び方、正しいクレンジング方法お伝えしたい事をすべてお話しします。

分からないことがない!っていう風になっていただけると思います。多分

クレンジングの意味と選び方

クレンジングの意味と原理

そもそもクレンジングは何のために行うのか、疑問を持っている方もいると思うので解説しています。
クレイジングを使うことで落とせるのが油性のメイクです。つまりお化粧をしてお出かけをした日はクレイジングを行わなければいけません。

クレイジング料は主に油と界面活性剤でできています。界面活性剤というのは普通は混ざりにくい水と油を混ざりやすくするものです。

クレンジングの原理として「油で浮かせて界面活性剤で落とす」という二段構成です。
水と油は混ざらない為、油は油で浮かせます。そのためクレンジングでは、まず油で油性のメイクアップ料(メイクは基本、油性です)を浮かせます。そして界面活性剤が浮かせたメイクアップ料を水で流せるように橋渡し役をしてくれるのです

クレンジングの選び方って?

あなたは何を基準にクレンジングを選んでいますか?
クレンジングはオイルやクリームなど形状によって刺激の強さに差があります。メイクの落ち具合も形状ごとに違います。自分にあったものを選ぶようにしましょう。


刺激つよいシートタイプ
オイルタイプ
ジェルタイプ
クリームタイプ
刺激よわいミルクタイプ

この表のように刺激が強いほうから順に、シートタイプ、オイルタイプ、ジェルタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプです。刺激が強い分、メイクを落とすチカラも強いので洗浄力の強さも同じ順番です。

クレンジングの種類ごとに解説していきます。

シートタイプ
シートタイプは油分によってメイクを浮かせるという工程を省いて、界面活性剤の洗浄力だけで無理やり落とします。そのため肌への刺激が強く、ダメージも大きいです。さらにシートで拭くという性質上、肌に小さなキズができてしまいます。使うのは避けてほしいです。

オイルタイプ
界面活性剤の割合が高いのでメイクは簡単に落ちるので人気ですが、言わずもがな肌へのダメージはやはり大きいです。使用すのは特に気合の入ったメイクの時だけにしてください。

ジェルタイプ
透明の乳化していないジェルタイプは界面活性剤が多くふくまれているので肌へのダメージは大きいです。透明ではなく乳白色のものなら大丈夫です。

クリームタイプ
油分が適度に含まれているため肌へのダメージも強くなく、メイクオフ力もあるのでオススメのクレンジングです。商品やメーカーによって差があります。

ミルクタイプ
肌には一番やさしいですが、水分を多く含んでいるためメイクを落とすチカラは弱いです。メイクが薄い人にはオススメです。

この中からどういった基準で選んでいくかというと「その日の自分のメイクの濃さによって使い分ける」というのが正解です
いつもより気合の入ったメイクの時はメイクオフ力が強いものを、休日の薄いメイクの時はメイクオフ力が弱いものを、という風に使い分けるのがベストです。

メイクオフ力が強いものは使い続けるには刺激が強すぎるので、メイクが薄いときに使うと肌への負担が大きくなってしまいます。

普段使いには油分と水分がバランスよく含まれていてメイクオフ力もあるクリームタイプがおすすめです。なかでも適度にテクスチャーが固めのものがいいです。


ここからは少しだけ豆知識です。
まず旅先などにクレンジングを忘れたときは、乳液やクリームでも代用できます。クレンジングミルクやクレンジングクリームは乳液やクリームなどと主要な成分は同じで洗うことを前提に作られているため有効成分が取り除かれています。もったいないですが最悪の場合は乳液やクリームでも代用できるのです。

また毛穴の汚れを落としたいからと言ってメイクをしていないのにクレンジングをするのはやめましょう。クレンジングは肌の負担になる行為です。むやみにやらないようにしましょう。
またクレンジングによって必要な皮脂まで失われてしまう可能性もあるのでメイクをしていない時のクレンジングは控えましょう。

正しいクレンジング方法

ここからはクレンジングの正しいやり方を紹介しますので、自分の方法と見比べてみてください。

STEP1 クレンジング料を適量手に取る
クレンジング料を手のひらに適量の半分だけとってください。適量はものによって違うので説明書などをしっかりと読んでください。使用量は守りましょう。

STEP2 まずはTゾーンから
最初は顔の皮膚の中でも強いTゾーンから。額と鼻にクレンジング料をのせて、指の腹を使いながらメイクとクレンジングを馴染ませましょう。

STEP3 次はUゾーン
クレンジング料の残りの半分を手にとり、頬から顎にかけてのUゾーンに伸ばします。そしてやさしくメイクと馴染ませていきます。

STEP4 最後に目元と口元
目元と口元は顔の皮膚でも弱い部分です。ここを最後にすることによって洗い流すまでの時間が短くなり皮膚の弱い部分へのダメージを減らせます。この皮膚の弱い部分なので、できるだけやさしくメイクと馴染ませていきましょう。

STEP5  ぬるま湯で素早く洗い流す
人肌程度のぬるま湯で素早く洗い流していきます。この後、洗顔をしますので多少はべたついていると感じても大丈夫です。

何度も言いますがクレンジングは肌への負担が大きいです。なのでここまでの5ステップはなるべく手早く1分ほどで終わらせるようにしましょう。

忘れがちなポイントとして、小鼻などもやさしく洗い流しましょう。

やってしまいがちなNGクレンジング

最後に間違ったクレンジング方法を紹介したいと思います。

ゴシゴシこする
肌はとってもデリケートなんです。クレンジングする時でさえ、こすってしまうと角層が傷ついてしまって肌が荒れてしまいます。

クレンジング料が少ない
クレンジングとメイクを馴染ませる時に量が少ないと、摩擦が起きてしまい肌へのダメージとなってしまいます。説明書をよく読んで量を守ることが大切なんです。

クレンジングに時間をかけてしまう
クレンジングはメイクの油分を落とすことにたけています。一方で必要以上に時間をかけてしまうと肌の皮脂もとりすぎてしまい、乾燥につながります。

熱いお湯や冷たい水にすすぐ
疲れているときに熱いお湯は気持ちいいですが肌の乾燥につながってしまいます。また逆に冷たい水の場合、油分であるメイクが固まってしまい落ちにくくなってしまいます。

以上のNGポイントには気をつけましょう。

さてクレンジングについて知ってほしいことは大体紹介できたと思います。ここまで読んでくれたあなたはクレンジング先生くらいにはなっていると思います。美肌に近づくあなたの力になれたらうれしいです。

                       You will be 「美肌」by BeHADA


コメント

タイトルとURLをコピーしました