カサカサ肌に潤いを!正しい保湿方法とセラミド化粧品の選び方

スキンケア知識

「ケアしているのに肌が乾燥する」「乾燥のせいでメイクののりが悪い」
こんな声をよく聞きます。そこで正しい保湿と化粧品の選び方についてお話ししたいと思います。

正しい保湿を身に着ければ絶対に肌は潤います。
保湿を知ってあなた自身のスキンケア力を向上させましょう!

正しい保湿の意味

保湿とは肌の湿気を保つことを言います。つまり肌の水分を適度に維持することを目的としたスキンケア全般の事をさしています。
「そんなのわかってる」なんて声が聞こえてきそうですが、あなたは保湿の正しい意味を本当に理解していますか?
答え合わせもかねて読んでみてください。きっとあなたの知らない「本当の保湿」が見えてくると思います。

適切な肌の水分量とは?

健康な肌の角層での水分量(角層水分量ともいいます)は約20~30%です。
これが20%以下になると「乾燥肌」といわれます。さらに冬などは空気が乾燥し、湿度が50%以下になると角層水分は急激に蒸発しやすくなります。

皆さんも空気が乾燥していると肌が乾燥して、つぱったりした経験ありませんか?そんな症状を自覚した時の肌の角層水分量は10%以下になっていることもあります。
つまり肌の水分を維持するのが保湿の役割です。

しかし「肌が綺麗と言われたい人必見!マストな5つのスキンケア基本知識」のバリア機能のところでも触れましたが肌には元から水分を維持するような機構があります。
その機構は年齢によって衰えてしまいますが、それを補ってあげるのが保湿の本質です。


保湿と言ったら化粧水という概念は捨てる!

肌の保湿というと化粧水を一番最初に思い浮かべると思います。
一般的な化粧水の材料の約8割を占めるのが「水」です。実は肌に水そのものを与えても蒸発してしまいますので保湿としての効果は低いです。

「化粧水をした後に乳液をしているので大丈夫!」と思っている方もいるでしょうが実はそうでもありません。乳液の油分で肌にフタをしても保湿として高い効果は得られません。

正しい保湿とは、体の外から水分を足すのではなく体の内側から出てくる水分を肌で保持できるようにサポートすることなんです

肌のうるおいをキープするカギ

肌のうるおいを保つには体の内側から出てくる水分を肌で保持することが重要だということがわかりました。
では、そのためには何をするべきなのでしょう?見ていきましょう。

「保湿物質」が肌にうるおいを保つ!

潤っている肌というのは正しい保湿ができていれば作り出すことができます。
うるおった肌の状態とはどういった状態のことをいうのか?
それは、肌がちゃんと「保湿物質」を作り出し、角層で水分を保持できている状態のことをいいます。

保湿物質が十分に働いていれば、どんなに湿度が低くなっても乾燥肌になることはありません。
一方で、肌の保湿物質をつくる力が弱まってしまうと乾燥肌になりやすくなってしまいます。


驚異のセラミドの保湿力

角層で水分をキープする役割を持つのは「皮脂」「天然保湿因子」「セラミドなどの角質細胞間脂質」の3つです。
このうち角層の水分の内、約80%を保持しているのが「セラミドなどの角質細胞間脂質」です。

つまり「セラミドなどの角質細胞間脂質」が保湿のカギとなるのです。

セラミドなどの角質細胞間脂質という名前の通りに、これらは脂質です。ですので本来、水と脂質は結合しません。
しかしセラミドは水とも結合できますし、しかもその水は湿度が下がっても蒸発しません。
セラミドは保湿において最重要といっても過言ではありません

赤ちゃんは肌がプルプルですが、これは大人の肌に比べてセラミドの量が多いからです。
セラミドのケアは保湿に欠かせません。


セラミド配合の化粧品

セラミドは化粧品で補給する

先ほど説明した通り、セラミドは角層水分の保持で大きな力を発揮します。
しかし年齢を重ねると肌のセラミドは減っていってしまいます。
セラミドは赤ちゃんの時が1番多く、その後少しずつ減っていくのです。

そして減少したセラミドは口から摂取しても増えることはありませんし、体の中で合成するのも難しいです。
そこで簡単にセラミドを補えるのがセラミドを配合した化粧品です。
セラミドは肌の水分を保持するチカラが強く、体の中から湧き出る水分をキープして肌を潤わせてくれます。

乾燥している肌は美肌とは言えません。
美肌になりたいならセラミド配合化粧品を使うことは必須の項目と言えます。


セラミド配合化粧品の選び方

ではとっても肌にいいセラミド配合化粧品はどのようなものを使うべきかを説明します。

まずセラミドは脂質なので油溶性の成分です。そのため水には溶けづらく化粧水ではなく乳液やクリーム、美容液に配合されています。(水溶性のセラミドもありますが、水溶性にするためにコストがかかり高くなってしまいます。)

さらにセラミドとひとくくりに言っていますが、セラミドには様々な種類のものがあり役割も違います。注意して選びましょう。

セラミド配合化粧品には「植物由来」を売りにしているものもあります。植物由来と聞くと安全で肌への刺激が少なくていいように感じますが、人間の肌に近いものを選ぶようにするほうが重要です。

セラミドの種類について解説していきたいと思います。
人の皮膚には約6種類のセラミドが存在しています。それぞれの名前と特徴を表にまとめてみます。

セラミド1
(セラミドEOP)
水分をキープする、紫外線などの外部刺激から肌を守る
セラミド2
(セラミドNS)
人の皮膚にもっとも多く水分をキープするチカラが強い
セラミド3
(セラミドNP)
水分をキープし、シワも改善する
セラミド4
(セラミドEOH)
角質のバリア機能を改善します
セラミド5
(セラミドAS)
角質のバリア機能を改善します
セラミド6
(セラミドAP)
水分のキープ、シワの改善、ターンオーバーの促進


肌の中で最も多いのがセラミド2で、一番肌の保湿機能が強いセラミドです。
これらのセラミドの内、特にオススメなのはセラミド1、2、3です。これらは水分をキープするチカラが強いです。またある製薬会社は「セラミド1、2、3の混合物が肌のセラミドの産生を促進する」といった研究結果を発表しています。

セラミド配合化粧品は成分表示をみて、セラミド1,2,3が含まれているものを選ぶと高い保湿効果が得られるのでオススメです

最後にセラミド配合化粧品を選ぶ際の注意点をお話しします。

まずセラミドは化粧品の原料として比較的高価でコストがかかる為、類似品など出回っています。
しっかりと成分表示を確認して自分にあったセラミドが配合されているものを購入してください。

さらに安価すぎるセラミド配合化粧品はセラミドが入っていても少量しか含まれていない場合があります。量や種類にもよりますが一つの目安として3000円以上のものを選ぶといいでしょう。


ここまで保湿について学んできました。あなたの中で「保湿」というものが深まっていると感じてくれていたらうれしいです。あなたはもっときれいになれます。
                        
                          You will be 「美肌」by BeHADA


コメント

タイトルとURLをコピーしました